写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

69  下り坂の時代?

  今日、スーパーに行ったら、また欲しい商品が売っていませんでした。店員に聞いたら「置かなくなった」とのことでした。私としてはときどき買っている品物だったったので困ります。都市部に出てきて2年が過ぎましたが、この2年の間にもいくつかの品物が大型のスーパーであるにもかかわらず、なくなっています。そのたびがっかりしているわけです。だいたいこのスーパー、エスカレーター2基のうち1基を最近休止してしまいました。

 

 先日は国慶州付近の鉄道路線が廃止された話を書きましたが、それ以上に日本のローカル線はピンチで、廃止の話があちこちから聞こえてきます。中には風光明媚な路線もあり、乗れなくなると思うと、これまたがっかり。既に災害等で不通になり、そのまま廃止になりそうな路線もあります。

 

 一見全然関係なさそうな話を2つ並べましたが、どうも最近の世の中、悪くなっているような気がしてなりません。あったものがなくなる、ということが多いのです。あって当たり前であったものが少しずついつの間にか消えてなくなっているのです。スーパーの商品はリクエストを出してみようかな、と思うのですが、1人が行ったぐらいでまた置いてもらえるかわかりませんし、鉄道に至っては遠く離れて住んでいる私がどうこう言っても始まらないでしょう。

 

 でも、世の中、何かゆとりをなくしている気がしてなりません。新しいものが出てきても必要かな、と思うし、むしろ前の品物の方がよかった、と思うことがしばしばです。やむを得ず代替品を買ったり、あきらめたりしていますが、どうも不便になった気がします。

 

   ニュースを見ても地震に円安原油高、おまけにロシアは戦争を始めるし、いいことがありません。

 

 なんだか下り坂の時代なのかな、と思います。