写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

04  李登輝氏を偲ぶ

 先日台湾の李登輝元総統が亡くなりましたね。追悼記事があれこれ出ていますし、私は台湾に一度行ったことがあるだけで、それ以上の縁もゆかりもありません。しかし思うところがあるので、それを書いてみたいと思います。

 

 1980年代の後半、1988年でしたか、蒋経国氏の死を受けて総統職に就任したのでした。当時は冷戦終結直前で、ペレストロイカ、フィリピン革命に続き、ソウルオリンピックを控え、韓国の民主化運動が成功し、「盧泰愚宣言(6・29宣言)」が出された頃でした。

 

 前年の韓国民主化の過程がドラマチックな展開をたどったのに対し、台湾の場合は、民衆のデモが民主化を成功させたのではなく、蒋経国氏が準備していたと言われる民主化への道を李登輝氏が慎重かつ大胆に推し進めていった、という感がありました。

 

 韓国の民主化が急激に進められたのに対し、台湾の場合は李登輝氏が「万年国会」解消、総統直接選挙制の実施など、一歩一歩漸進的に進めていった感がありました。韓国の民主化が「下からの民主化」だったのに対し、台湾の場合は「上からの民主化だったといえるでしょう。追悼記事の中で「静かな革命」を推し進めた、という評価を見かけました。なるほど、と思います。

 

 当時、アジアNIEsといわれた国・地域のうち、旧日本植民地で、ある程度の国土を持つ韓国・台湾がこの時期に民主化しました。ですから、この頃、私は独裁国家であっても、この時代の韓国・台湾程度の経済レベルに達すれば、他の独裁国家も何らかの形で民主化が進められ、自由と民主主義を享受できるのではないか、と期待していました。

 

 ところが、旧イギリス植民地であったシンガポールを見落としていました。一人あたりGDPでは日本をかなり以前に追い抜いてしまった都市国家ですが、「明るい北朝鮮」と言われるように、非社会主義国でありながら、これといった民主化への取り組みは行われなかったようです。

 

 そして香港。ここは国家ではなく、1997年に中華人民共和国へ返還され、一国二制度のもと、経済的は繁栄していましたが、このところ急激に自由を失っていることは周知のとおりです。

 

 そして中華人民共和国。1989年の天安門事件が経済の発展に比べてタイミングが早すぎたのか、その後はこれといった民主化運動は起こらず、むしろ近年、習近平体制のもと、統制が強められているように見えます。

 

 韓国・台湾に後に続くこれらの国々の情勢を鑑みると、韓国・台湾の民主化は私が期待したものとは違い、普遍的なものにはならなかったのではないか、と思わざるを得ません。

 

 しかしそれだけに、政治的混乱もなく、平和裏に民主化を成し遂げた李登輝氏の信念とリーダーシップがいかに稀有なものであったか、それを今になって改めて感じざるを得ません。今の台湾が中華人民共和国の経済的発展にともなって次第に経済的優位を失い、自由と民主主義がそのレゾンデートルになりつつあることを考え合わせると、一層その感を強くします。

 

 平和裡に民主化を成し遂げた稀有な指導者、という意味ではノーベル平和賞に値する政治家だったと思うのですが、台湾がおかれた国際的位置のため、そういう話は聞こえてきませんでした。台湾と韓国は歴史的経緯が非常に似ているにもかかわらず、国際的立場が大きく違っているのは大変残念に思います。

 

 李登輝氏の死にあたり、その業績に対して、改めて日本でも多くの賛辞が送られています。私もその末席に連なりたいと思ってこの記事を書いたのですが、ネットの世界で不特定多数に向けてこんなことを書くと、零細ブログとはいえ、AIで中国共産党に目を付けられるかも知れないかも、などと思ってしまいます。全く気弱な人間ですね。

 

 自由と民主主義が実現されているこの日本でこんなことを書いても、頭の片隅に「中国の影響」がかすめるようになりました。

 

 今のような時代だからこそ、李登輝氏の爪の垢でも煎じて飲みたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16 キム・サンヒ「楽しいアリラン」(즐거운 아리랑)

 韓国を代表する民謡といえば、アリランですが、この歌、さまざまなバリエーションがあるとはいえ、いちばん有名なものは、ずいぶん暗い歌です。「アリラン アリラン アラリヨ アリラン峠を越えていく」のですが、続きは「私を捨てて行ってしまったあなたは十里も行けずに足が痛む」というような歌詞で、これが国を代表する歌、といえるのか、日本の「さくらさくら」などと比べていかがなものか、と思ってしまいます。

 

 韓国の人たちもきっとそう思っていたのでしょう。それで作られた、と思われるのがこの歌「楽しいアリランです。歌うのはキム・サンヒ(金相姫)という女性歌手。1970年代にはずいぶん人気のあった歌手のようで、以前取り上げた「青白歌合戦」にも出場していたようです。

 

 この曲で当時開催されていた「東京音楽祭」に出場したようです。韓国側のネット資料では「1977年、東京代々木公園で開かれた東京国際歌謡祭で「楽しいアリラン」を歌い特別賞受賞」という記述が見られますが、日本側の「wikipedia」では1976年の「第5回東京音楽祭」出場曲として彼女の「ジョイフル・アリラン」が記載されています。

 

 私はどうもこのころの「東京音楽祭」を見ていなかったようで、残念ながら記憶にありません。1978年のものは見た記憶がありますが、この曲は出場していませんでした。どちらが正しいかわかりませんが、1976年の韓国の歌番組でこの曲が歌われた映像がありますから、おそらく1976年に出場し、歌われたとみてよさそうです。

 

 当時の韓国に対する日本人の一般的なイメージは軍事政権下の遅れた国、暗くてうさんくさい国、というものだったと思います。それに対して韓国の明るい面をアピールしようとして歌われたものでしょう。

 

 ラララララララ、花咲くアリアリラン ラララララララ 歌うアリアリラン 山に住む鳥よ 連れ添っていい感じ 峠を越えていく私も愛をたずねていく 道は遠いけれど楽しい心 目に浮かぶ懐かしい顔 青い山のように 私たちの愛はいつでも楽しく 泣きながら越えたアリラン峠 笑って越える

 

 とでも言うような歌詞です。(間違っていたらどなたか教えてください。)おそらく韓国語で歌われたのでしょうから、伝わったかどうかわかりませんが、華やかな曲調で国際歌謡祭向き、韓国だってこんな明るい面がある国なのだ、と訴えるような曲です。

 

 ところが、この曲を今ネットで聞くと、バックの演奏が、無理矢理突っ走り、エンディングでは、勢い余って脱線しそうな感じです。ライブならともかく、レコード歌謡でこのような演奏は珍しいと思います。でも、当時の韓国の前のめりの突っ走り感をよく表しているようにも感じます。

 

 後年録音されたと思われるバージョンや近年の歌番組で彼女が歌っている映像もyoutubeにありますが、面白さでは最初のバージョンにかないません。最初のバージョンはよく削除されてしまうのですが、味わい深いのはこちらのバージョンなので、是非こちらで聞いてもらいたいと思います。

 

www.youtube.com

15 「台湾楽しや」

 以前からときどき書いているように、私は意味もわからずネットで海外のラジオ放送を聞いていることがよくあります。そんな中で台湾の放送を聞くことがあります。台湾のことは詳しくなく、昨年初めて行きましたが、いろいろわからないことも多いのです。

 

 以前は「HiNet」というサイトがあり、おそらくほとんどの台湾ラジオ局をここで聞くことができたのですが、昨年だったか、聴けなくなりました。サイト自体はのこってるので、海外で聴くことができなくなっただけのようです。意味もわからず音を楽しんでいるだけなのだから、聴かせてよ、と思うのですが。

 

 それはさておき、一部の放送局は、今でもyoutubeでも聴くことができます。その一つに「寶島聯播網」というのがあります。いつもライブをyoutubeに上げているわけでもないようですし、やっているときも内容はさっぱりわかりませんが、中高年向けなんだろうな、という雰囲気はつかめます。

 

 早朝に聴くと、「おはよー」といっています。おそらく日本のラジオで「Good Morning」というようなノリで言っているのだと思います。

 

 先日など、カラオケコーナーらしく、日本の演歌「片恋酒」を素人が歌っているのが流れてきました。韓国局はこういうことをしませんが、台湾局はこういうことがときどきあるようです。

 

 さて、この局である日の早朝、突然日本語の歌が流れてきました。それがこの「台湾楽しや」という歌。youtubeで検索をかけたら出てきました。戦時中に作られた歌なのでしょうか?メロディーも美しく、かつのんびりしていて気に入りました。どのようなエピソードがこの曲に隠れているのか、よくわかりませんが、紹介だけしておきます。

 

 この曲について情報をお持ちの方、教えてください。結局また「教えてください」系の記事になってしまいましたね。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

14 チョ・ヨンナム「花開市場」(화개장터)

 韓国の歌の話を書いてもアクセスは伸びないのですが、今回もネタ切れ防止のため書きます。今どきのK-POPの話でも書けばいいのでしょうが、あいにく私には近頃の歌や歌手の知識がありません。

 

 「防弾少年団」(BTS)はさすがに名前だけは知っていますが、あとは日本の歌手と同程度、どこかで名前を聞いたことがあるかな、という程度です。私が韓国好きだと知って、前の職場の若い人がKーPOPの話をしてくることがあったのですが、残念ながら私の知っている韓国歌謡はまだ日本人がほとんど関心を持っていなかった時代のもの。K-POPの話にはついていけません。

 

 今回はチョ・ヨンナム(趙英男)氏の「花開市場」という歌。この歌そのものを知ったのは比較的最近です。マーチ風で、明るい曲です。

 

 この「花開市場」とは韓国南部、東の慶尚南道と西の全羅南道の境目にある市場だそうです。その市場を歌った歌。

 

 韓国では、かつて東南部の慶尚道と西南部の全羅道の反目がひどかったそうです。軍事政権時代、歴代の軍人大統領は慶尚道出身、弾圧されていた金大中氏は全羅道出身でした。光州事件で有名な光州は全羅南道の中心都市です。

 

 金大中政権以後は多少「恨」も和らいだのかもしれませんが、いまだに選挙があると全羅道は進歩系、慶尚道保守系、とはっきり当選者が分かれます。

 

 さらに「全羅道差別」というのがあり、いまは露骨に差別をするわけにも行かないでしょうが、差別とまでは行かなくても「地域感情」は根強いようです。

 

 つまり「花開市場」は、そんな慶尚道全羅道の境目に、双方からやってきて仲良く商売している市場があるよ、という歌。チョ・ヨンナム氏は途中で歌うのをやめたり、最後、思いっきり長く伸ばして、腕時計を見ながら歌い終える、というパフォーマンスをするのが定番の「お約束」スタイルのようです。

 

 この人の動画を見ると、他にも「통일바보」(統一バカ)という南北統一を願った歌もあります。「釜山で朝食、ソウルで昼食、平壌で冷麺 これが私の一日のスケジュール…」という歌詞。「和解」をテーマにした歌が目立ちますね。

 

 youtubeでこれらの歌を見つけ、独自のパフォーマンスが面白く、そういう人がいるのだな、と思っていた程度だったのですが、実はこの人、2005年に「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」という本を出版しているのです。その本の存在自体は知っていたのですが、この歌を歌っていた人物と著者が同一人物であるということは知りませんでした。

 

 ところがこの本を出した結果、仕事を干され、レギュラー番組を降ろされたことがあったそうです。この人は東西・南北・日韓と一貫して「和解」を求めているだけのように思えるのですが、韓国の現実はそれを許してくれないのでしょうか?

 

 ここまで書いて、最近読んだ韓国の新聞の日本語版で、この人の描いた絵をめぐるトラブルを知りました。多芸多才だけど一癖ある人物、という感じのようですね。

 

 それはともかく、いつの日か、この人に日韓和解の歌を歌って欲しいものです。昨今の情勢を鑑みると、かなり厳しそうですが。

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

13 チョ・ギョンス 韓国版「YMCA」

 不評の韓国歌謡シリーズ、自分もよく知らないのにyoutubeの動画の感想を書いているので仕方ないですが。今回はこの歌。韓国版「YMCA」です。

 

 もともとアメリカの曲で、日本では西城秀樹ヤングマンとして大ヒットした曲。当時韓国では日本の歌のカヴァーは認められていなかったのですが、アメリカの歌ならOKだったのです。

 

 日本で「ヤングマン」がヒットしたのは1979年ですし、この動画の中で「TBC開局15周年記念特集ショー 汝矣島大行進」というテロップが出てきますが、調べると1964年開局とのこと。1980年にTBC放送はなくなっていますから、1979年の映像とみて間違いないでしょう。歌っている「チョ・ギョンス」という歌手のことはよくわかりません。

 

 当時韓国はまだ白黒放送だったそうなのですが、白黒映像で見ると、1979年とは思えませんね。もしカラーならそこまでの差は感じなかったかもしれませんが、画質が悪いこともあり、1979年よりさらに10年以上前の動画に見えます。

 

 比較するためにやはりyoutubeにあった西城秀樹の動画を載せておきますが、この2つを比べると、当時の日韓のレベルの違いが如実にわかります。

 

 今は残念ながら、日韓の歌の動画を見比べても、そんな格差は感じないでしょう。むしろK-POPの方が勢いがあるのではないでしょうか?時代は変わったものです。

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com