写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

68  雪の日の通勤

  11月も終わり、12月です。ちょうど雪景色となりました。朝の通勤が辛いです。朝は暗いうちに起きなければなりません。昔、西日本にいたときは冬の夜明けが遅いので、まだ暗い時刻に起きなければいけないことがありましたが、北海道は夜明けが早いので、冬でもこれまでは暗いうちから起きる、ということがあまりありませんでした。ですが早出をしなければならず、暗くても起きなければなりません。

 

 そして雪の中を20分歩かなければなりません。風が吹いていて、雪も降っていますが、まだ吹雪、というほどではなく、タクシー通勤は我慢しました。この程度でタクシーに乗っていたらこれから毎日乗ってしまうことになります。でも風のせいで傘が裏返しになり、傘をさすのは諦めて歩いて行きました。雪はさほど強くありませんでしたので、そのまま歩きますが、私の着ているコートにはフードがなく、頭には雪が降りかかります。

 

 長い時間歩くようになってから、フード付きコートに買い換えようかなあ、と思ったりするのですが、このコート、数年前に買い換えたばかりでまだどこもダメになっていませんし、余計な出費をしたくないのでこれまた我慢することにします。

 

 やはり前日までの通勤とは訳が違います。これから毎日こういう通勤なのだなあ、と思うとうんざりですが、北海道に住んでいる以上、仕方ありません。

 

 昔のCMで「おべんと おべんと うれしいな」という歌がありましたが、「雪ん子 雪ん子 かなしいな」という替え歌を頭の中に思い浮かべながら歩いて行きます。

 

 帰りは帰りで道が凍りかけていました。これから滑らないように気をつけて歩かなければいけません。

67  深夜のピアノ

   今、住んでいるマンション、以前から早く寝ようとすると、ピアノの音がかすかに聞こえることがあるのです。鉄筋コンクリートのマンションなので、普段は気づきませんが、寝静まるとかすかに音が聞こえてくるのです。音楽そのものが聞こえるのではなく、ピアノを弾く音、というか、リズムだけが聞こえる感じです。

 

 バスの減便で、職場に向かう途中でバスを降りて歩かざるを得なくなってから、早起きする必要があり、寝起きの悪い私は、やたら早く寝ることがあります。時には夜の8時9時に明かりを消すこともあり、そういう夜には、ときおり、かすかにピアノの音が聞こえてくるのです。寝ようとしているのですから、このかすかなピアノの音が気になって寝付けないこともあります。

 

 下の階に入居しているテナントで、もしかしたらピアノを置いているかもしれない、と思うところがあって、夜にピアノを弾くのは仕方ないのかな、こちらが早く寝すぎるのだろう、と思っていました。

 

 ところが先日、早く寝すぎたせいか、夜中の3時半に目が覚めてしまいました。深夜ですから、静かです。ところが枕元にかすかにピアノの音が聞こえるのです。こんな深夜にピアノを弾いているのだろうか、鉄筋コンクリート建築だから音が漏れないと思っているのだろうか、と気になります。こうなると眠れません

 

 30分ほどたち、早朝4時になっても音が途切れないのです。気になって仕方ないので、ついに寝起きの悪い私が意を決してマンションの外に出て確かめてみることにしました。

 

 ところが、ピアノを置いていそうなテナントのある階は真っ暗ですし、ほかにも電気のついている部屋はなさそう、私の部屋だけに電気がついています。

 

 もしそのテナントで深夜にピアノを弾いていたのなら、管理会社に苦情を言おうと思っていたのですが、どうもそうではなさそう。ではあの音は一体何なのだろう、と余計に気になります。向かいのマンションに明かりのついている部屋がありましたが、それだろうか、でもそれなら外に出ればもっと大きな音が響くはずですが、そんなことはありません。

 

 となると、何かの物音がピアノを弾いているように聞こえるのか、それとも空耳、幻聴の類か、ますます気になってしまいます。私は基本的に霊の類は信じませんが、それでも何か幽霊の類がピアノを弾いている音だろうか、とまで勘ぐってしまいました。

 

 ということで、そのまま朝を迎えてしまいました。それでもうつらうつらとしていたのでしょう。朝になって起きようとすると、その音は聞こえなくなっていました。

 

 あの音は一体何だったのか、気になって仕方ありません。真相を突き止めるまで、なんだかモヤモヤしてしまいそうです。

30  お金の使い方の傾向

 私は基本的にはケチです。でもその割にはお金を使っています。結局ケチではないのかもしれませんが。ケチと言うよりお金を使う踏ん切りがつかない人なのでしょう。旅行好きなので、旅行にはお金を使いますが、その他のもの、となると、途端に金払いが悪くなります。

 

 それで気づいたのですが、私は割合にサービス、というものに対しては躊躇なくお金を払います。旅行代金が典型的ですが、マッサージにもよく行くし、こういうものは何千円、あるいは何万円、という単位で出費するのに、割合平気でお金を使います。外食も何千円もするモノは躊躇しますが、1000円以内であればよく行きますね。

 

 それに対してモノを買うときは非常に悩みます。モノと言ってもは比較的平気でバンバン買ってしまいます。本はものを買うより、中身というか「情報」を買っている側面が強いし、中身にがっかりしても、とりあえず一度読んだら無駄にならないので、サービスに近いのかもしれません。それでも大体の本は一度しか読まないのに、捨てる気にならなくて、たまってしまいます。

 

 買うときに悩むもの、といえば、衣服・電化製品・家具でしょうか。衣服はサイズが合わなかったらどうしよう、派手すぎないか、似合うかな、とか、あれこれ思案します。服屋の店員に接客されるのも店員にどう思われているんだろう、と自意識過剰になりますし、そんなことを思うと、なかなか服屋の中に入れません。

 

 電化製品も悩みますが、電化製品の場合、壊れてしまうと生活にしようが生じるので、エイヤッと買ってしまうことが多いです。でもその分、あとでイマイチだなあ、と思うことも多く、慣れるまではなんだかなあ、と思って使い続けることが多いです。

 

 いちばん難しいのが家具ですね。数年前から本棚と飾り棚を買おうと思っているのに、未だに買っていません。考えてみれば、飾り棚など、数千円で、マッサージ延長一回分と変わらないのに、いつまでたっても踏ん切りがつかないものです。

 

 あれこれ思うに、形のないものは失敗してがっかりしてもそれで終わりですが、形のあるもの、特に長く残りそうなものほど、踏ん切りがつかないのでしょうかね。どうもそんな気がしてきました。

 

 皆さんのお金の使い方、モノやサービスの出費の傾向、どんな具合ですか?

 

 

 

 

66  外に出ない日が多い11月

   今月は休日にどこにも出ない日が多かったのです。とは言っても朝に新聞を買いにコンビニに行くので、全く家を出ないということはなかったのですが、それでもそれ以外は一日家にこもっている、という休日が結構多い一ヶ月でした。

 

 11月というのは寒くなり始めるときで、どうも外出する気が失せてしまう月なのですね。夏場は引きこもり系の私でも外に出ようか、という気になりますが、冬場はやはり出不精になりますね。

 

 私は基本引きこもり体質で、一日中一人でいても一向に寂しくもないし、むしろ仕事をしているときには他人と接することでストレスがたまりまくっていますから、休日ぐらい他人と接することなく過ごしたい、と思います。

 

 外に出るときでも他人と何かする、ということは皆無、ごくまれに元の職場の同僚が尋ねてくることがありますが、そんな日は1年に1回か2回、それ以外は一人で過ごしています。

 

 家にいるときは引きこもり生活で、ネットを見るか、語学のCDを流し聞きしているだけで、後は布団に潜っていたり、ぐうたら、グダグダしていますが、むしろそんなときに一番幸せを感じます。

 

 外から見ればこの人は不幸そうに見えるかもしれませんが、こういう人間に生まれついたので、職業生活がストレスになり、それを癒やす、とまではいえなくてもごまかすためにはこういう生活が必要なのでしょう。

 

 冬ごもりなのか引きこもりなのかわかりませんが、しばらくこういう生活になりそうです。でも12月は忙しそうで、今から憂鬱になっていますが…。

21  聞き取りできない

   相変わらず語学のCDを編集したものを聞き流しにしている日々ですが、聞いていて不思議に思うのはすぐ聞き取りができて、覚えられるフレーズがある一方で、何十回聞いても聞き取れない、なんといっているのかわからないフレーズもある、ということです。

 

 例えば英語で、I still can't believe you won't be here…というフレーズがあるのですが、これがとても聴き取りにくいのです。吹き込んでいる人の発音のせいなのかな、と思ったりもするのですが、我々が日本語の聞き取りをするとき、このレベルの話をしているときにまず聞き取れない、ということはありません。エスからきっと英語圏の人は聞き取れているのだろうな、と思います。

 

 大体、他のフレーズでもcan とcan'tの区別が意外と聞き取れないものです。肯定と否定では大きく意味が違ってくるはずですが、どうも私の耳では区別がつきにくいことが多いのです。他には What are those?のも、基本的な表現なのだと思うのですが、何度聞いても、スキットの中で聞くとダメですね。

 

 他の言語になるともっと厄介で、フランス語など、ごく初歩段階のフレーズが全く聞き取れません。まあ、フランス語の場合は習ったことがないので、発音の法則がまだ理解できていないのだろうと思いますが、さっぱりです。

 

 これからもたまに聞き取りに進歩状況を書いていこうかな、と思ってますが、まあやはり基本的に本気の勉強でないから、ダメなんでしょうかね?