写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

ひとり者の食卓

28  「一ヶ月鍋」の反省文

ということで、引かれるような内容を連載してしまいました。面倒だったのと、ブログのネタになれば、というよこしまな気持ちがこの鍋を一ヶ月も継続させてしまったのです。「反省文」を書きましたので、引かれた方も許してやってください。 まず、おなかは一…

27  暴挙!一ヶ月鍋ふたたび<その6>

迷走中の「一ヶ月鍋」最終回にします。 26日目 3月11日 ゴボウ・豚角切り・結び白滝・魚河岸揚げ 最後の買い物で買ってきたものを投入していきます。これ以上購入するのはやめました。あと5日です。ゴボウは土つきのものを買ってきたので下処理が面倒だった…

26  暴挙!一ヶ月鍋ふたたび<その5>

ひとり者のズボラ料理、一ヶ月間同じ鍋を食べ続けた記録です。 20日目 3月5日 春菊・豚肉・湯葉・麩・マロニー 味は持ち直したのですが、迷走中。鯛のあらやこれまで沈殿していた破片を取り除き、持ち直したのですが、こんどは以前買っておいて残った麩・マ…

25  暴挙!一ヶ月鍋ふたたび<その4>

2月から3月にかけて鍋に毎日次々と具材を投入し、同じ鍋を食べていく、という「一ヶ月鍋」の実践記録です。うなぎ屋のタレ、おでん屋のダシのように、毎日調味料を継ぎ足し継ぎ足しして持たせていくつもりでしたが、2週間経って味の悪さが気になり、もうダメ…

24  暴挙!一ヶ月鍋ふたたび<その3>

2月から3月にかけて行った、「一ヶ月鍋」の報告3回目です。馬鹿な所業で、嫌悪感を感じる方もいらっしゃるでしょうが、寛容な方はお読みください。昼食は職場の弁当で、後は週末に外食や弁当を買った日もありますが、それ以外はひたすらこれを食べていまし…

23  暴挙!一ヶ月鍋ふたたび<その2>

昨日から2月14日以来続けていた、「一ヶ月鍋」の顛末を掲載しています。すき焼きをおでん化するつもりだったのですが、次第に迷走していきます。日付の下がその日、鍋に投入した具材です。 6日目 2月19日 牛肉・黒こんにゃく・タマネギ・うずら卵・牡蠣・高…

22  暴挙!一ヶ月鍋ふたたび<その1>

このブログをはじめて間もない頃、海外旅行記を次々掲載してネタが切れたとき、昔書いた記録をもとにして「一ヶ月鍋」という記事を書いたことがあります。一ヶ月は大げさですが、数週間同じ鍋に次々具材を投入して毎日同じ鍋を食べる、というものでした。 か…

21  菜の花の酢味噌和え

「春は苦み、夏は酢の物、秋は辛み、冬は油」という、料理に関する格言があるようです。秋になぜ辛いものがいいのかはピンときませんが、それ以外はもっともかなあ、と思います。 春先には山菜や季節の葉物野菜が多く出るからでしょう。その苦みに春を感じる…

20  札幌エスタの四川飯店が閉店します

私は人と会食するとき、特に行きたいところが決まっていないときは、中華料理好きであり、また、優柔不断の極みみたいな人なので、迷わないように、という意味もあり、札幌駅前のエスタの上の「四川飯店」に決めていました。 考えてみれば、学生時代の祖母か…

19  恵方巻初体験

今年は2月2日が節分ということでした。 やはり子供の頃になかった習慣ですから、「恵方巻」を食べたことがありませんでした。もともとは関西の遊郭の習慣だそうですね。豆まきが少子化、核家族化、マンション住まい、後片付けなどの事情で廃れてきたので、代…

18  16年前の乾麺は食べられるのか?

先週の土曜日、いつも土曜日の昼は外食で済ますことが多いのですが、外は吹雪で、外出する気がおきません。都市部なのでちょっと歩けば店はあるのですが、そのちょっとが面倒くさくなるものです。 家の中で何か食べるものは…、と見渡したのですが、ご飯を炊…

17 「うまかっちゃん」&「鮭筍味付」缶で「チープな贅沢」

子供の頃、山口県に住んでいたので、味覚的には九州圏でした。山口県西部は九州の影響が強いのです。ということでインスタントラーメンは九州風の「うまかっちゃん」一択でした。とんこつラーメンが好きなのですね。ですから北海道民になって久しいのに、札…

16  お餅と酒粕を網で焼きたいのですが…

1月も末になってこう書くのも変ですが、正月といえばお雑煮です。正月明けに「ひとりでもクリスマス&お正月」と題する記事を書いて、お雑煮を食べたことを書きました。実はそのとき、お餅を焼くのに大変苦労したのです。 網をガスコンロの上に置いて、お餅…

15  ひとりでもクリスマス&お正月

常連読者の方々は家族で暮らしている方が多いようですが、私はひとり者。ですから家族でクリスマス、あるいはお正月、という過ごし方をしていません。こういう人はクリスマスもお正月もいつも通り、という方が多いのかも知れません。ですが私はひとりでも行…

14  「かねさ甘味噌」で味噌汁をつくる

冬の夕食で、ホッケの干物を焼いて豚汁と野沢菜を添える、という組み合わせにすることがあります。うちはもともと西日本ですから、「豚汁」を「とんじる」と読んでいましたが、北海道に来て久しくなり、自分は「ぶたじる」とよぶようになりました。といって…

13  タラコの煮付け

冬になると、北海道のスーパーではたまに「タラコ」が売りに出されます。「タラコ」と言っても明太子に使われるスケソウダラのタラコではなく、真鱈の子です。これを見かけると、つい買ってしまうのです。 もともとこのタラコ、金沢の「ふくら屋」というとこ…

12  カマボコを語る

皆さんはカマボコが好きですか?私はカマボコ好きです。 子供のころは金沢暮らしでしたが、金沢のカマボコは「赤巻き」といって、赤い色で渦巻き状になっているカマボコでした。カマボコというのはこういうものなのだ、と思っていました。正月や行事の時には…

11  鶏のサワークリーム煮とチリソース煮

昨日、「ボルシチ」を作ったときの記事を掲載しましたが、数日間かけて完食したものの、「中沢サワークリーム」が半分くらい残ってしまいました。そこで、今度は、この、「中沢サワークリーム」の残りを有効利用しようと思い、ネットでレシピを検索したとこ…

10  ボルシチを作ってみました

旅行記の合間に穴埋め記事として載せるので、少し時間がたってしまいましたが、10月9日の金曜日だったか、最寄り駅の自由通路で農協の即売会をやっていました。その中に「ビーツ」がありました。これは珍しいと思って思わず買いました。2個入り150円。 これ…

09 瓦そば

9月末の話ですが、昼に家で「瓦そば」を作って食べました。山口県の名産です。こういうものをときどき売っているのが都会のスーパーですね。山口の名産といっても川棚温泉という下関から少し山陰寄りの地区の温泉地のホテルか食堂が始めた料理で、山口にいた…

08 納豆ベーコン

以前は田舎に住んでいましたから、週末に一回程度買い出しをするだけでした。刺身は買い物当日に食べる、魚類は週の前半、週の後半は日持ちのするもの、というパターンが多かったように思います。今は毎日行こうと思えば行ける環境なのですが、転居当初むや…

07  札幌のロシア料理とタイ料理

3年前の2017年9月に札幌のロシア料理店とタイ料理店に行ったときの感想を残しておいたのがありました。ちょうど9月ですし、ネタ切れ防止対策記事として掲載しておきます。 9月の初めに札幌に行ったとき、北24条の「シュシュエルミタージュ」というロシ…

06 夏の食卓~鮎の塩焼きと魚そうめん・湯葉に三つ葉のお吸い物など

ウナギの話を先日書きました。シラスウナギ漁が今年は好調との記事を見かけましたので、来年・再来年あたりは期待できるかも知れませんね。 さて、ウナギを食べなくなって、夏に何を食べているかというと、鮎です。私は大の鮎好きなのです。魚の中では一番好…

05 ウナギを食べた日

皆さんは最近ウナギを食べたことがありましたか?近頃すっかり高くなって手が出ませんね。スーパーでも売ってはいますが、おいしいかどうかわからないようなのが1000円以上しますので躊躇して買わずじまいです。 なかにはお金持ちの方で今でもよく食って…

04 さくらんぼとすもも

私は6月か7月頃、年に一回程度「さくらんぼ」を買って食べます。こちら北海道では余市町や仁木町が産地のようで、こちら産のものが目立ちます。ただ、値段が400円から500円程度と決して安くはないので、1年に一回、という程度ですね。 子供の頃はさくらんぼ…

03 風邪の養生に葛根湯&卵酒

真夏のタイから真冬の北海道へ。昨年三月の台湾旅行の時にも帰国後風邪を引いたのですが、気をつけていたのに、職場復帰日に喉をやられ、それから風邪気味の日々が続きました。高熱が出たわけではなく、喉、鼻水、咳という順で症状が出てきました。武漢の肺…

02 西洋水炊き

「一ヶ月鍋」に続き、ひとり者のずぼら料理。「西洋水炊き」を紹介します。冬場、面倒なときによく作る料理です。 材料 豚肉薄切り(バラ・ロース系) 白菜(4分の1にカットしたもの) えのき1パック 焼き豆腐1丁 ちくわ2パック これにお好みでソーセージ・…

01 一ヶ月鍋

ネタ切れなので、旅行記ではありません。ひとり者なので妙な料理を作ることがあります。今はスーパーが自宅から離れているので、やっていませんが、以前住んでいたところはスーパーがすぐ近くにあり、毎日買い物に行って冬場に「一ヶ月鍋」を実行していまし…