写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

50  ベッシー「サロニケ海」(Μπέσσυ Αργυράκη 「Σαρωνικέ Μου」)

 前回は1981年の東京音楽祭にギリシャから出場したベッシーという歌手の「ト・シ・ヒ・コ」という曲を紹介しました。紹介したと言うより、情報募集と言ったところですが、誰か情報を教えて下る方はいらっしゃるでしょうか?

 

 さて、この「ベッシ-」というギリシャの歌手ですが、この東京音楽祭以外で見かけたことはありません。歌も数回聞いただけです。

 

 この歌がそこそこヒットしていた頃、NHKのFMで日曜日の午前中、世界の音楽を紹介する番組がありました。たしか10時半頃から中南米編・アメリカ編・ヨーロッパ編と30分ずつ各地の音楽を紹介する番組でした。私は中高生の頃、部活動もしてなかったので、こういうFM放送などのラジオを日がな一日聞いていたのでした。特に洋楽に興味があったわけではないのですが、当時NHKのFMは邦楽の番組が少なく、一方で自分はたいしてすることもない暇人でしたので、こういう番組をなんとなく聞いていたのです。

 

 すでにBCLで韓国歌謡に興味を持ち、さらに他のアジアの国々の歌の情報を知りたいと思っていた私にとっては、この番組で「アジア編」がないことが不満でした。当時のアジア音楽の認知度は、欧米はもちろん、中南米より低かったのです。NHKでアジア音楽を紹介する番組ができたのは1980年代の中盤だったと思います。

 

 話がそれましたが、その世界の音楽の番組で、このベッシーという歌手が取り上げられていました。ところがヒットしていた「ト・シ・ヒ・コ」のほうはさわりだけで、代わりにかかったのは今回取り上げる歌でした。

 

 「サロニケ海」という歌だと紹介されていました。ラジオでたった一回聞いただけでしたが、エーゲ海だか地中海の海域を連想させる歌声で、妙に印象に残りました。不思議なことにメロディーも覚えていました。もちろん、ギリシャ語ですから歌詞はさっぱりわかりません。

 

 それから数十年、先日「ト・シ・ヒ・コ」の歌がyouyubeに上がっていたのを聞いたとき、この歌も聴けないものか、と思い「ベッシー サロニケ海」で検索したのですが、彼女の別の歌が出てくるばかりで、この歌が見つかりません。

 

 今度は「サロニケ海」をgoogle翻訳ギリシャ語にして、再度検索をかけてみたところ、数曲目に出てきました。特に強い思い入れがある曲ではなかったのですが、こういうことで数十年ぶりに昔聞いた曲に出合う、というのは妙な感動がともなうものです。

 

 彼女はΜπέσσυ Αργυράκη (Bessy Argyraki) という名前で、この今日の原題は 「Σαρωνικέ Μου」というようです。どうも1980年の歌のようですね。ギリシャ語はさっぱりわかりませんので、google翻訳にかけると「私のシャロン」と出てきます。でも最後に「サロニケー」と歌っているので、サロニケ海、あるいは「私のサロニケ」とでもいうことなのでしょうか?

 

 歌詞も出てきましたが、google翻訳にかけるしか手立てがなく、それが正しいのかはさっぱりわかりません。こういう海がギリシャにあるのか、とこれまた検索すると、「サロニコス湾」というところがあるようです。「サロニカ湾」ともよばれるそうなので、この海のことを歌っているのですかね?不確かなことばかり書きましたが、前回に続いて何かご存じの方はお知らせください。

 

www.youtube.com