写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

33  スーパークレイジー君(西本誠)「てんてんむし」

 ときどき、何かの拍子に出くわし、頭から離れなくなるという曲があるものです。別に好きな曲でもないし、むしろなんだかなあ、と思っているケースさえあるのですが、リズムやメロディーの印象が強いのでしょうか?

 

 昨日は、2018年に「三原JAPAN」という台湾在住youtuberが作った曲が妙に頭から離れなくなり、翌2019年に台湾に行って踊っている現場まで行ってみた、という記事を書きました。まあこれぐらいならいいのですが、昨年、2020年に頭に残った曲は、この曲でした。我ながらなんだかなあ、と思います。

 

 昨年夏、コロナ禍の中で東京都知事選挙が行われました。小池百合子氏が再選されたのですが、この選挙には妙な泡沫候補が多数出馬します。それをウオッチングするのが野次馬的な選挙の楽しみ方なのですが、この回もなんだかなあ、という候補が何人か出馬していました。

 

 その中のひとりが「西本誠」という候補者。「スーパークレイジー君」と名乗っています。その選挙運動といえば、特攻服姿で歌を歌う、というもの。何度かyoutubeでこの候補の選挙運動動画を見ているうちに、その歌が頭から離れなくなってしまったのです。中毒性があるのですかね?

 

 なんでも少年院にいたとか、全身に入れ墨があるとか、それで夜の世界で成功して金をつかんで選挙に出た、ということらしいです。まあ私とは全然縁のない世界の住人ですし、お近づきになりたくもないですが、遠くからネットを通じて覗くぐらいの興味はあります。

 

 その演説、のかわりに歌を歌うのですが「てんてんむし」という歌が頭から離れなくなってしまったのです。歌詞はかなり猥雑なもので、「女の家をてんてんむし」なんてなんだかなあ、と思う内容ですが、ラップ、というのか、印象には残りますね。

 

 あと、一緒に選挙運動をしているお姉さんが妙にきれいでした。この候補者に何かそういう魅力があるのですかね?

 

 実はここまで書いたあとに、何とこの「スーパークレイジー君」、埼玉県戸田市の市議会議員に当選していたことを知りました。びっくり。「過去」のある人を許せるか許せないか、というと、私は許せない方です。ですから野次馬的に見ている分には面白いですものの、この手の人は政策の如何に関わらず、支持する気にはなりません。でも、入れる人が結構いるのですね。

 

 さらに居住実態についての疑惑から当選無効の申し立てが出たり、選管職員から辞職圧力を受けた、という話まで出ているそうです。思うところはいろいろありますが、こうなると歌の記事の範疇ではありません。ということで今回はここまでにしておきます。

www.youtube.com

www.youtube.c

www.youtube.com