写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

53  5日目午後 銀行の警備員に両替店を教えてもらう(2024年1月9日)

 さて、中央郵便局で外貨両替ができなかったので、銀行で両替をしようと思います。ところが、最初に入った銀行では、入口で女性職員に日本円の両替はできないと言われます。

 

 もう1つの銀行も入口の外で、メガネをかけた色の黒くて若い男性警備員に聞いたら、両替はしていないとのこと。困ったなと思ったのですが、スマホの翻訳でその警備員が、「ミンティン店(?)」なるところに行けばよい、と言ってきます。どうやら角を右に曲がって行けばいいようで しばらく歩いて行くと両替店が見つかりました。ここのレートは1円=168ドンで、1万円が168万ドンになりました。

 

 レートはハノイの空港と同じで、さほどいいわけではありません。ベトナムの場合、町中と空港のレート差はあまりないのかな、と思いました。行った道を戻って行くと、先ほどの警備員のいた銀行の前に出ました。警備のお兄さんが見つかったかというそぶりをします。「見つかった」という手振りをすると「よかった」という感じで、サムズアップのポーズをしてきます。

 

 ホーチミンに来てから、昨日のブンボーフエの店員もそう、若い男の子は感じのいい人が多いな、という印象ができはじめています。こういう人たちが次代のベトナムをつくっていくのでしょう。