写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

80  7日目朝 ホテルのアーリーチェックアウトと早朝4時の焼き鳥売り(2023年8月6日)

    7日目、8月6日(日)の話に入ります。この日は、タイから台湾へ向かう日です。ところがこの便だけ早朝便なのです。ですから バンコクではなく、ドンムアン空港から歩いて行けるドンムアン近辺のホテルにしたわけです。

 

 余裕をみて3時間前には出発したいので、朝4時にホテルを出ることになります。前日、朝4時のアーリーチェックアウトをすると言うと、フロントは24時間開いているのでOKということでした。 空港近くのホテルなのでこういうことには慣れているようです。

 

 ただ朝の4時に出発ということですから、携帯の目覚まし機能を使っておきましたが、ちょっと不安です。結局ホテルではうたた寝程度しかできませんでした。

 

 3時に起きます。準備をして4時にホテルを出発。やはり500バーツの預かり金を返金してくれました。昨日のアユタヤで散財したので懐が寂しくなっていましたが、これで助かった気になります。100バーツ5枚で返してくれましたのでちょっと懐が膨らみます。

 

 ですが、出発直前に500バーツ増えても困るわけで、思いがけない出費で懐が寂しくなっていた昨日の夜の段階でほしかったな、と思います。

 

     歩いてドンムアン空港へ行きます。早朝4時でまだ暗いのに、営業している店や露店がそこそこあるので驚いてしまいます。コンビニの近くに、朝の4時なのに屋台をやっている母親と娘の店があり、焼き鳥を売っています。タイの焼き鳥はうまいので、これを5本買って朝食にします。1本10バーツでした。

 

 すると 母親の方は 保温箱の中から ご飯のパックを取り出しました これはどうももち米のようでした。早朝に買ってくれたのでおまけかな、と思ったのですが、そうではなく、これが5バーツ、計55バーツでした。早朝4時に5本も買ってくれたので、嬉しかったのか、 女の子はニコニコして、合掌してくれました。母親の付き添いなのかもしれませんが、こんな早朝から女の子が働いているんだなと思います。

 

    タイという国は文字通りの「発展途上国」で、日本が衰退国、韓国や香港が成熟してきた国、という印象を持ったのに対して、この少女を見ると、まだまだこの国は未来があって発展するのではないか、という気がしました。
 
 車道を越える陸橋を渡り、曲がりくねって面倒くさい道を下りて、ドンムアン空港にたどり着きます。とりあえず構内に入ってベンチに座り、焼き鳥ともち米を食べます。早朝ですから焼きたてではありませんでしたが、それでもタイの焼き鳥はやはり美味しいです。