写真のない旅行記

カメラを持たずに旅した記録です。雑記も載せています。

41  回数券と定期券売り場

 私は鉄道好きなので、JR北海道の手先のような生活を送っているわけですが、都市部に引っ越して以来、札幌に行くときには、回数券を利用してました。10回分の金額で11枚の切符が買えるので、お得だな、と思っていました。

 

 ところがこの回数券、11月いっぱいで廃止になるそうです。いつも利用していたのでショックです。今は回数券を使う人が減っているそうですが、そんなにこの切符の制度を維持するのにコストがかかるのでしょうか?

 

 最近はキタカというカードを使っている人が多いと思いますが、調べた限りでは、いちいち切符を買う必要がないという程度で、特に割引になるようなこともないようです。そんなにメリットがないような気がします。

 

 話は違うのですが、もう一つ困っていることがあって、通勤に使っているバス定期券の売り場がこの秋で閉鎖されるそうなのです。遠くにあるバス営業所か、別の定期券売り場まで行かなければなりません。これも不便だなあ、と思います。

 

 北海道はクルマ社会で、公共交通機関を利用する人は都市部を除けばそう多くはないのですが、都市部ではそれなりの利用者がいるわけです。コスト面で割が合わないのかもしれないですが、もう少し便利さを維持しておいてほしいものだなあ、と思います。